スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市立吹田サッカースタジアム観戦記

春の心地よい気候も瞬く間に過ぎ去り、梅雨のじめじめした日が続いております。前から行きたかったガンバ大阪の新スタジアムに行ってきましたので少しだけその様子を..

Jリーグの公式戦は基本的に土曜日なんですが、ACLなどの都合から年に何試合かは平日開催されます。今回の〔ガンバ大阪-浦和レッズ〕の試合がそれで水曜日開催。僕にはありがたい機会です!

IMG_1399.jpg


市立吹田サッカースタジアムは民間の寄付のみで建設されたサッカー専用スタジアムです。総工費の140億円は40000人収容のスタジアムとしてはとても安価であると話題になりましたね。

その造りですが外観を見ると派手な装飾はなくコンクリート打ちっぱなしでコストが削減されているのが感じられます。階段も仮設階段のようでお金をかけた様子は無い。それでは中はどうかというと...

IMG_1401.jpg


もうめちゃめちゃ見やすい!ホント感動しました(^-^)/

タッチラインから客席最前列までわずか6メートルだそうです。客席の列の角度もうまく調整されていて前の人で見えないという事はないと思います。

IMG_14102.jpg


僕はカテゴリー2(バックスタンド)C9/19列目の席だったんですが選手の細かい競り合いまでよく見えました。家のテレビで見るのと同じ近さで現場の臨場感を味わうという感じですかね。

カメラが広角なので伝わりにくいですがもっと近いです(=∀=)

IMG_1417.jpg


試合はドイツ移籍秒読み段階の宇佐美の1点を守りきりホームのガンバが勝利しました(* ´ ▽ ` *)

このスタジアムで宇佐美を見れる日もあとわずかですね...
あと個人的に浦和の槇野選手が見たかったので真近で見れて嬉しかったです(笑)

IMG_1427.jpg


ガンバが勝った場合、試合後にスタジアムの照明を落とし、サポーターグッズである「ガンバLEDブレス」というLED付きの腕輪をかざした応援が行われます(^∇^)

スタジアムがこんな感じになります↓

IMG_1430.jpg


最後に、サッカーを見る為に造られただけあって良いスタジアムだった新スタジアム"市立吹田サッカースタジアム"。何よりも試合が「見やすい」という一言につきると思います。

今回はスルーしましたがコンコースにショップやたこ焼き屋とかもあったので、次回はそちらもゆっくり廻りたいです(-∀-)

最近購入したミキサーについて

お世話になっております。K佑です。
完全に僕の趣味ネタで申し訳ないんですが…

最近、アナログミキサーを購入しました。ミキサーとはマイクなどから入力する音を一つにまとめる機材の事です。というのも声やギターやベース、キーボードなど様々な録音をしていく際に、逐一録音するオーディオインターフェースに接続するのが面倒くさくて、まとめておきたかったのが一番の理由。

それで最終的に購入したのが、
SOUNDCRAFT ( サウンドクラフト ) / EFX12



その名の通り12ch入力のシンプルなミキサーで、特徴としてはLexicon社製のデジタル・エフェクターが内臓されている事です。

元々YAMAHAのミキサーを買う予定で楽器屋さんに訪問して実際に音を出させてもらったのですが…

IMG_1052.jpg

実際に音を出すと、やはりメーカーによって違いがありました。比べたのはこの3台↓

ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース ) /ZED-12FX
YAMAHA ( ヤマハ ) / MG12XU
SOUND CRAFT ( サウンドクラフト ) / EFX12

「ミキサーの核はマイクプリ」と言われ、一般的な評価では、

・ローノイズなALLEN&HEATH
・良くも悪くもフラットなYAMAHA
・クリアな音質のSOUNDCRAFT

って感じらしいですが、素人の僕が聴く限り、ノイズも音質も差はわからない!!

明確な違いは(エコー、リバーブ等の)内臓エフェクトの質のみでした。結論、ALLEN&HEATHは使い物にならなくて、YAMAHAも複雑で微妙。SOUND CRAFTだけ良かったという結果に…

冷静に考えたらLexiconのデジタル・エフェクター内臓なんだから悪い訳ないですよね(笑)入力をまとめるだけならALLEN&HEATHのエフェクト無しモデル。そのままLIVEで使う音にもしたいならSOUND CRAFTだと思ったので、少々高いですがEFX12に決めました。

このミキサーを通したデモじゃないですが以前、東京の三味線屋さんで作ってもらった「エレキ三味線」というのを、ライン入力して内臓のリバーブをかけて撮ってみました。また詳しく書きますが接続順としては、エレキ三味線→ZOOM A2.1u→EFX12→TC Electronic Konnekt 24D→パソコンという流れです。エレキ三味線の音やミキサーの音質など参考になれば嬉しく思います。

クラシックコンサート無事終了...御礼!!

昨日、光円寺会館にて「光円寺シアター」と銘打たれたコンサートを開催致しました。約3年前にvol.1という事でジャズの演奏が行われましたが、今回はクラシックギタリストの日南智之さん、身内で申し訳ないのですがソプラノ歌手の野村佳代、そしてもっと申し訳ないのですが賛助出演という形で津軽三味線・僕の3名によるクラシックコンサートを行いました。

正直言いまして2月という家から出たくない寒い時期、そしてクラシックという未知なるジャンルでのコンサート...本当にやれるのだろうかと昨年末ぐらいは不安でしかありませんでした。でも、お参りに行ってお檀家さんにもこの事を話すと「2月ですね?楽しみにしておきます。」と、たくさんの方々がわざわざ予定を空けて下さいました。

学生の頃、ロックバンドを組んでいた時に演奏するメンバー5人に対して、お客さん3人という事態に遭遇してしまったトラウマがある僕にとって、本当に嬉しい出来事でした。ただただ「感謝」しかありません。また、ご来寺予定でしたが体調を崩され来れなかった方々からも「行きたいんだけど、ごめんね...」と、お電話を頂きました。僕としても残念でしたが、また参らせてもらう時に当日のビデオを持っていくので見て下さい。

当日は、本堂に休憩できるスペースを作っていたのですが、こそっと見てるとご本尊の前でお参りされる方も多くおられ、休憩時間にはお焼香の香りが漂っていました。これには父もお寺にコンサートに来てお寺参りもしてくれていると喜んでおりました。

今回、vol.2という事で開催をしましたが、次はいつになるのか全くわかりません。でも、もしよろしければその時はまたご来寺くださいませ。本当にありがとうございました。

合掌


当日の様子↓
IMG_1029.jpg

IMG_1036.jpg

IMG_1061.jpg

セトリ等は↓
〇ギタリスト日南智之さん この日のブログ記事


新成人を撮影した!! の巻

新年あけましておめでとうございます。
本年度もどうぞよろしくお願い致します。

今日は1月11日(成人の日)です。
早いもので年が明けて10日も経ってしまいました。

実は親戚にハタチの子がいる為、私カメラマンをする事に。
昨年、門徒さんに色々と教えて頂いてカメラを始めたのに...
中々撮る機会がなく...

今回、絶好の機会なので張り切って写しました。撮影場所は光円寺の境内です。(下の小さな写真をクリックすると拡大します。)

① IMG_0700.jpg ② IMG_0722.jpg ③ IMG_0746.jpg ④ IMG_0773.jpg ⑤ IMG_0810.jpg


カメラはCANON EOS M2というミラーレス一眼レフカメラ、
①~④:EF-M22mm という「EOS M」用の単焦点レンズ、
⑤:EF-M18-55mm 標準ズームレンズを装着して撮影しました。

写真を見て頂ければよくわかるのですが、EF-M22mm というレンズは素人の私が「ライブ1点AF」で写しても背景が綺麗にボケてくれます。噂通りコストパフォーマンスの良いレンズです。撮影をしていてふと思ったのが、足元までの全体ショット等は影が写りこむので角度って重要という事。朝の光は横からくるので撮影している私の影まで写りこんで大変でした。

ちなみにポーズに関しては「成人式 写真」で検索して着物モデルのしているように私が無理やりにさせましたので、本人に責任はないです(笑) 今年は写真をもっと載せていきたいです(^-^)/


パスピエTOUR 2015 "娑婆めぐり"参戦

完全に私の趣味なんですが、久しぶりにLIVEに行ってきました。パスピエというバンドなんですが、東京事変をもうちょいポップにした感じのオモシロいバンドです。

今回、ライブハウスとしては関西一大きいZepp Namba(キャパ2,530人)に初めて行きましたが。感想として、なんだか映画館みたいな感じ…

入口でドリンク代500円を払うと、その先は(ポップコーン売っている所みたいな)フロアになっていてドリンク交換ブースで飲み物を貰い中に行く流れ。

IMG_0576.jpg


ライブハウスなので基本はオールスタンディングなんですが、実は2Fに椅子席が440席ありまして大人な私は今回こちらでゆっくりみる事に…

ちなみにファンクラブチケット(↓の写真)はボーカルの大胡田さんが絵を描いているらしいです(^_^.)

IMG_0572.jpg


約2時間、MCはほとんどなくガンガンに演奏してくれましたが、独特なメロディやキメのリズムパターンあたりがカッコよかったです。主に作曲するキーボードの人が東京芸大卒らしく、音楽理論的にも凝った曲作りなのかもしれませんね。

何よりも音響がバツグンに良かったです。さすがはライブハウス!! 年末には日本武道館でのワンマンも控えているようで今後の動向をチェックしていきたいと思います。




プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。