スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の今心工房...

佐賀県は武雄温泉近くにある今心工房...
阿弥陀如来の陶彩画を制作して頂いた場所です。

前回、光彩殿の打ち合わせの時以来でしたので約4年ぶりの訪問です。(前回訪問時の記事

現在は"草場一壽 陶彩画美術館"という名前で武雄市の観光名所と
なっているようで、入口はこんな感じに・・・

IMG_1250.jpg

龍シリーズなどの作品が増えた事もあってか、
内装も2Fフロアができていたり、前回訪問時からは
ずいぶんとリニューアルしていました。

2Fの抽象画エリア
IMG_1244.jpg

龍シリーズが展示されている部屋
IMG_1243.jpg

そして新作も見てきました。
「コノハナサクヤヒメ」という富士山と天女の作品

(私は特別に写真を撮らせて頂きました)

IMG_12471.jpg

明るい青が印象的な超大作です!
実は7/16~7/25の大阪個展で見る事ができます。
陶彩画新作 大阪個展

IMG_1245.jpg

個人的には土偶が好きです。
一つ一つ装飾するので、もの凄い手間がかかるらしいです。
もう作らないので今あるだけとか・・・

大阪個展は心斎橋の近く、南船場で行われるので
是非行ってみて下さい(^∇^)

法話&三味線 inけやき台

お世話になっております。K佑です。
本日、三田市はけやき台の自治体の会に
父、共々出張させていただきました。

いつも通り、仏教法話を父がして
僕が少し三味線を弾くという流れです。

日本列島に低気圧が停滞している為、会が始まる時には
強い雨が降っていましたが、たくさんの方々が会場の
コミセンまで足を運んで下さいました。

毎度ながら父が法話している時は、後ろで私が写真を撮ります(^-^)/

IMG_1437.jpg

でも私が三味線を弾いている写真は、毎度ないんです。
父には写真を撮る概念がないみたいですね(*´v`)

写真のかわりに…

今回、従弟の子に絵を描いてもらいましたので、
資料や歌詞カードなどの冊子の表紙が可愛らしくなりました。

それだけ載せます↓

三味線僧侶 イラスト


実物より可愛らしいです(o‘∀‘o)*:◦♪
三味線、津軽ではないし指細すぎるけど(笑)

けやき台の皆様、本日はお疲れ様でした。
長時間ありがとうございました~o(^▽^)o

本日のセットリスト
・津軽よされ節
・鯵ヶ沢甚句
・花笠音頭
・津軽あいや節
・津軽じょんがら節
・白蓮華(オリジナル曲)
・美空ひばりメドレー

市立吹田サッカースタジアム観戦記

春の心地よい気候も瞬く間に過ぎ去り、梅雨のじめじめした日が続いております。前から行きたかったガンバ大阪の新スタジアムに行ってきましたので少しだけその様子を..

Jリーグの公式戦は基本的に土曜日なんですが、ACLなどの都合から年に何試合かは平日開催されます。今回の〔ガンバ大阪-浦和レッズ〕の試合がそれで水曜日開催。僕にはありがたい機会です!

IMG_1399.jpg


市立吹田サッカースタジアムは民間の寄付のみで建設されたサッカー専用スタジアムです。総工費の140億円は40000人収容のスタジアムとしてはとても安価であると話題になりましたね。

その造りですが外観を見ると派手な装飾はなくコンクリート打ちっぱなしでコストが削減されているのが感じられます。階段も仮設階段のようでお金をかけた様子は無い。それでは中はどうかというと...

IMG_1401.jpg


もうめちゃめちゃ見やすい!ホント感動しました(^-^)/

タッチラインから客席最前列までわずか6メートルだそうです。客席の列の角度もうまく調整されていて前の人で見えないという事はないと思います。

IMG_14102.jpg


僕はカテゴリー2(バックスタンド)C9/19列目の席だったんですが選手の細かい競り合いまでよく見えました。家のテレビで見るのと同じ近さで現場の臨場感を味わうという感じですかね。

カメラが広角なので伝わりにくいですがもっと近いです(=∀=)

IMG_1417.jpg


試合はドイツ移籍秒読み段階の宇佐美の1点を守りきりホームのガンバが勝利しました(* ´ ▽ ` *)

このスタジアムで宇佐美を見れる日もあとわずかですね...
あと個人的に浦和の槇野選手が見たかったので真近で見れて嬉しかったです(笑)

IMG_1427.jpg


ガンバが勝った場合、試合後にスタジアムの照明を落とし、サポーターグッズである「ガンバLEDブレス」というLED付きの腕輪をかざした応援が行われます(^∇^)

スタジアムがこんな感じになります↓

IMG_1430.jpg


最後に、サッカーを見る為に造られただけあって良いスタジアムだった新スタジアム"市立吹田サッカースタジアム"。何よりも試合が「見やすい」という一言につきると思います。

今回はスルーしましたがコンコースにショップやたこ焼き屋とかもあったので、次回はそちらもゆっくり廻りたいです(-∀-)



観戦した試合

最近購入したミキサーについて

お世話になっております。K佑です。
完全に僕の趣味ネタで申し訳ないんですが…

最近、アナログミキサーを購入しました。ミキサーとはマイクなどから入力する音を一つにまとめる機材の事です。というのも声やギターやベース、キーボードなど様々な録音をしていく際に、逐一録音するオーディオインターフェースに接続するのが面倒くさくて、まとめておきたかったのが一番の理由。

それで最終的に購入したのが、
SOUNDCRAFT ( サウンドクラフト ) / EFX12



その名の通り12ch入力のシンプルなミキサーで、特徴としてはLexicon社製のデジタル・エフェクターが内臓されている事です。

元々YAMAHAのミキサーを買う予定で楽器屋さんに訪問して実際に音を出させてもらったのですが…

IMG_1052.jpg

実際に音を出すと、やはりメーカーによって違いがありました。比べたのはこの3台↓

ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース ) /ZED-12FX
YAMAHA ( ヤマハ ) / MG12XU
SOUND CRAFT ( サウンドクラフト ) / EFX12

「ミキサーの核はマイクプリ」と言われ、一般的な評価では、

・ローノイズなALLEN&HEATH
・良くも悪くもフラットなYAMAHA
・クリアな音質のSOUNDCRAFT

って感じらしいですが、素人の僕が聴く限り、ノイズも音質も差はわからない!!

明確な違いは(エコー、リバーブ等の)内臓エフェクトの質のみでした。結論、ALLEN&HEATHは使い物にならなくて、YAMAHAも複雑で微妙。SOUND CRAFTだけ良かったという結果に…

冷静に考えたらLexiconのデジタル・エフェクター内臓なんだから悪い訳ないですよね(笑)入力をまとめるだけならALLEN&HEATHのエフェクト無しモデル。そのままLIVEで使う音にもしたいならSOUND CRAFTだと思ったので、少々高いですがEFX12に決めました。

このミキサーを通したデモじゃないですが以前、東京の三味線屋さんで作ってもらった「エレキ三味線」というのを、ライン入力して内臓のリバーブをかけて撮ってみました。また詳しく書きますが接続順としては、エレキ三味線→ZOOM A2.1u→EFX12→TC Electronic Konnekt 24D→パソコンという流れです。エレキ三味線の音やミキサーの音質など参考になれば嬉しく思います。

クラシックコンサート無事終了...御礼!!

昨日、光円寺会館にて「光円寺シアター」と銘打たれたコンサートを開催致しました。約3年前にvol.1という事でジャズの演奏が行われましたが、今回はクラシックギタリストの日南智之さん、身内で申し訳ないのですがソプラノ歌手の野村佳代、そしてもっと申し訳ないのですが賛助出演という形で津軽三味線・僕の3名によるクラシックコンサートを行いました。

正直言いまして2月という家から出たくない寒い時期、そしてクラシックという未知なるジャンルでのコンサート...本当にやれるのだろうかと昨年末ぐらいは不安でしかありませんでした。でも、お参りに行ってお檀家さんにもこの事を話すと「2月ですね?楽しみにしておきます。」と、たくさんの方々がわざわざ予定を空けて下さいました。

学生の頃、ロックバンドを組んでいた時に演奏するメンバー5人に対して、お客さん3人という事態に遭遇してしまったトラウマがある僕にとって、本当に嬉しい出来事でした。ただただ「感謝」しかありません。また、ご来寺予定でしたが体調を崩され来れなかった方々からも「行きたいんだけど、ごめんね...」と、お電話を頂きました。僕としても残念でしたが、また参らせてもらう時に当日のビデオを持っていくので見て下さい。

当日は、本堂に休憩できるスペースを作っていたのですが、こそっと見てるとご本尊の前でお参りされる方も多くおられ、休憩時間にはお焼香の香りが漂っていました。これには父もお寺にコンサートに来てお寺参りもしてくれていると喜んでおりました。

今回、vol.2という事で開催をしましたが、次はいつになるのか全くわかりません。でも、もしよろしければその時はまたご来寺くださいませ。本当にありがとうございました。

合掌


当日の様子↓
IMG_1029.jpg

IMG_1036.jpg

IMG_1061.jpg

セトリ等は↓
〇ギタリスト日南智之さん この日のブログ記事


プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。