スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総代研修会

北摂組の総代研修会が光円寺にて開催されました。

今回は「門信徒として何をするべきか」というテーマで
話し合いが進められ様々な意見が出たようです。

その他にも(短いながらも)法話の時間も設けられ
有意義な研修会になったかと思われます。

合掌



当日の様子↓
CIMG1656.jpg


CIMG1656b.jpg

春季彼岸会

昨日、お昼より彼岸会法要をお勤めいたしました。

普段から寺院でお参りするのが一番良い事だと
わかってはいるが、実際はなかなかできていない。

なので、これを機会としてお参りをしようではないか。
というのが、浄土真宗のお彼岸です。

他力本願だとは言っても、全く何もしないのは
間違えであり、完全に勘違いさんです。

「暑さ寒さも彼岸まで」と、よく言ったものですが
お寺の本堂内はまだまだ寒く、ストーブは必需品でした。

また暖かくなりましたら一度お越し下さいませ。


合掌




法要の様子①
CIMG1564.jpg

法要の様子②
CIMG1560.jpg

報恩講の動画紹介

11月13日に行われた報恩講の時に撮っていた動画を
編集しYOUTUBEに公開しました。

素人による編集なので上手くはできなかったですが・・
雰囲気だけでも伝わると幸いです。










最後は宣伝をしたかったのですが、全く声が聞こえないミス(涙)
次からは、音声にも気をつけないといけません・・

新年のご挨拶

慈 光 照 護

皆様お変わりなく新年をお迎えになられましたでしょうか。


 さて、本年はいよいよ「親鸞聖人七五〇大遠忌法要」の
御勝縁の年を迎えましたこと、希有な慶びと感慨無量でございます。


「世の中安穏なれ」のお言葉のもと
法要の円成に精進させて頂きます。


皆々様の益々のご健康と
ご法義相続を念じあげます。


本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

                            
                                    光円寺



                                           合掌

これでいいのだろうか?

  最近、こんな質問や依頼がある。
  
  「葬儀の後の、お参りはどうしたらようのでしょうか?」

  「お葬式は、すんだんですが、法名をつけていだだけますか?」

  と思っていたのですが、どうやら、“家族葬” という形で、簡単にするシステムがあるらしい。

  いわゆる お葬式パック でお坊さんもその時だけお経を

  あげて、後はほったらかし~!というわけである。 


  何とも時代は変わってしまったものだ!

  いやいや、時代が変わったのではなく、変えてしまったのだ。


  後の供養もせずに、亡くなったお父さんや、お母さん、又親族の方が成仏できるとは私 は、思えないむ  う、  

  時代のニーズに合わせるのも結構ですが、亡くなられた方、ご先祖様をもっと大切にして、これか

  ら未来を背負う、子どもたちに代々伝えていってほしいものです

  

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。