スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋です!

ここ三田の、街路樹も
赤や黄色の葉が鮮やかでございます。

先週は緑だったのに、いきなり気温が下がったせいか
秋色真っ盛りです。


この時期になると、訪問演奏に行きますと
必ずといっていい程、「もみじ」や 「小さい秋見つけた」 という季節の歌を歌います。




さて、今日は京都「永観堂」の紅葉を御覧ください。

永観堂20111116182540


上の写真は先週(11月16日)夕方永観堂に訪れた時
ライトアップされたもみじです。

まだ、緑もみじと赤もみじが
仲良く色を競っているように見えましたが
ライトに照らされた葉っぱは、
秋の芸術を素晴らしく演出しておりました。


全国に「もみじの永観堂」の名で知られるこのお寺は
さかのぼること200年あまり前に
真言密教の禅林寺として始まりました。
鎌倉時代に住職となった静遍僧都(じょうへんそうず)は
お念仏をとなえるだけで、救われるという教えに反発をおぼえ、
自分の方が正しいと証明しようと
法然上人の著書を開いたところ、
いくら読んでも「間違っているのは自分では」と
思わせられる事ばかりでした。
ついに、静遍は法然聖人の教えに深く帰依します。

のちに、禅林寺は浄土宗西山禅林寺派の総本山となりました.

              (永観堂しおりより)


是非皆様も、秋の芸術を堪能されてみてはいかがでしょうか?
限られた期間ですので、思い立ったらお早目に!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。