スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親鸞聖人750回大遠忌」行ってきました

ついに待ちにまった
「親鸞聖人750回大遠忌法要」始まりました。

門20110413081141

大遠忌


御影堂へ入りますと、最大3700人も参拝出来る椅子が並べてあります。
重要文化財に認定されている御影堂は
奈良の東大寺に次ぐ規模を誇っています。

東大寺の巨大な大仏様に比べ
親鸞聖人は等身大の大きさです。
これは、お参りに来られた多くの門信徒の皆様をお迎えするためで
堂内の約3分の2が外陣となっています。

65本20110413161039
(法要後の写真)


私は本堂の右の方で讃歌衆として唱えさせていただきました。
9~12日まで第1種、13~16日まで第3種で法要を行います。
第3種というのが、光円寺でもよく練習した音楽法要です。




まず、橘 正信総長よりお話があり
法話があります。

そしてドンッ!という太鼓の大きな音に合わせて
内陣へ出勤される僧侶や雅楽の奏者が順に入堂してきます。

楽の音も高まり、ご門主様、新門様が入堂。
この時、参拝者から「おぉ~」と、どよめきが聞こえます。

「頂礼文」「正信念仏偈」「和讃・念仏」を唱え
法要が終わります。


  
ご門主様のお言葉は、

 ~50年に一度の大法要を、
  このような事態に行うとは思いませんでした。

  「世の中、安穏なれ」のお心を体し
  被災された方の悲しみに一層寄り添い
  その思いを分かち合って、大遠忌をおつとめします。
  
  救援と共にお念仏を唱えて精一杯すごさせて頂きましょう~

  
・・・・と親鸞聖人のお言葉共に
    この度の「被災者の皆様へ」とお言葉を発表されました。




本願寺周辺でも「龍谷ミュ-ジアム」オ-プン

龍20110413081229

伝道院「テ-マ館」、安穏音舞台(ご縁まちマルシェ)等と
記念行事が行われています。



様々な行事が中止、延期になっている中
この様な素晴らしい
「親鸞聖人750回大遠忌」が行われた事により
お法りが広まり、
又元気、勇気、活力を
発信出来たのではないかと思います。


後、5,6,9、10、11月と法要が続きますが
精一杯、讃歌衆として勤めさせて頂きたいと思います。


どうぞ皆様も一度訪れてみては如何でしょうか。


                             合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。