スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光円寺の報恩講

 報恩講は浄土真宗門徒にとって、一年中でもっとも大切で親しみ深い行事です。
浄土真宗のみ教えを明らかにしてくださった宗祖・親鸞聖人の法要だからです。


 聖人は弘長2年(1262年)11月28日、90歳の生涯を京都でとじられました。そして聖人の残された徳をしのんで、毎月28日に門徒たちによって、お念仏の集まりが行われるようになりました。
これがさらに大きく広がって、本願寺第三世の覚如上人によってができあがりました。

 そしてこの法会の集まりを「講」というようになりました。聖人のご恩に報い、お念仏を一層ありがたく味あわせていただこうということから「報恩講」と呼ばれるようになったのです。


 光円寺でも、11月8日(日)に行われ、多くの方が参拝されました。

  H21

                CIMG1034.jpg

音楽法要にて進行され、讃歌集と一緒に、参拝された方も「しんらんさま」を歌いました。

                           
CIMG1024.jpg

 法話後、青森本場の長谷川 一義先生の「津軽三味線」をお聴きいただきました。
素晴らしい演奏と、ユニ-クなト-クで、本堂が和やかになりました。
唄の高田さんに、うちの小坊主さんも、演奏に加わり華やかな舞台でした。

                                     2CIMG1081_convert_20091123125921.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。