2015年度 報恩講法要


日に日に秋が深まり露寒の季節となりましたが、今年も例年通り11月の第2日曜日に「報恩講」を勤修させていただきました。

報恩講は親鸞聖人の教えに遇って、生まれた意義と生きる喜びを見出した人びとが聖人の御苦労と御恩に報ずる行事です。ものすごく簡単にいうと、「南無阿弥陀仏により救っていただける」み教えにも1年に1度、報恩感謝しようという行事です。

また報恩講とは、実はお寺に参る形式ではなく、ご法事のように各家庭のお仏壇の前で1軒1軒お経をあげる形式なのです。しかし報恩講参りというと、蝋燭は赤色であったり、打敷を変えたり、おけそくを供えたり、お飾りだけでも大変なものです。これに加えて精進料理作るので家庭で全てするのは大変な事です。

なので最近は、各家庭の「報恩講参り」も兼ねてお寺に参っていただいてる状況でございます。どうか自分の家族の行事としてお参りして頂けるようお願い申し上げます。御足下が悪い中、今年もお参り下さいましてありがとうございました。

合掌

報恩講②
法要の様子(内陣)

報恩講③
今年は住職が法話させていただきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード