スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶彩画展を開催中です

光円寺では、8日~11日の4日間は「陶彩画展」を開催しております。
昨年完成した「阿弥陀如来」の他にも様々な「陶彩画」をご覧になる事ができます。

初日の今日は地元の三田市だけではなく大阪や神戸からも
多くの方がお越し下さったようで嬉しい限りです。

明日と明後日は10時~18時までの開場予定ですが最終日の11日
だけは16:30ぐらいまでを予定しておりますので、時間に合わせてご来寺下さい。

又、11日には13:00より光円寺・報恩講のお勤めを致しますので
是非お参りくださいませ。

合掌


〈入口の看板〉
CIMG1695.jpg

〈ギャラリー内〉
CIMG1697.jpg


スポンサーサイト

お礼申し上げます。

本日晴天の下、無事に報恩講を開催する事ができ
大変嬉しく思っております。門信徒の方々をはじめとし
開催までご協力いただきました皆様方にはこの場を
借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

今年は陶彩画「阿弥陀如来」の開眼供養も兼ねており
例年と少々違った形での進行で、「三奉請」「正信偈」に
加えて、「讃仏偈」もお勤めいたしました。

読経後には製作者である草場一壽氏により「自分とは何か
、いのちの根源はなにか。」という講演を聞かせていただき、
自分自身を見つめ直そうと感じさせられました。又、仏教美術
についても触れて頂きましてとても勉強になった一日なのでした。

尚、陶彩画「阿弥陀如来」については常時見て頂けるように
考えております。詳しくはホームページ等にてお知らせいた
しますので、一度お越しください。

合掌


開眼供養の様子↓
開眼供養





報恩講のお知らせ。

さて、11月13日(日)に、報恩講を開催致します。
光円寺にとって一年で最も大きな行事となります。

今年も正信偈の読経、仏教讃歌の合唱などを13時より行います。
また、例年通り婦人会の方々によるおでん、おにぎりも用意して
おりますので是非早めにお越しください。

尚、今年は特別に陶彩画「阿弥陀如来」の開眼式が同時に行われます。
有田焼の技法を用いて作られたこの作品は世界でも初めての事で非常に貴重なものです。

報恩講の場をお借り致しまして初めてお披露目となります。
又、読経後に製作者である陶彩画家「草場一壽」氏による
講演もございますので、どうかご参加ください。

合掌

11/13にお披露目の阿弥陀如来の陶彩画↓
阿弥陀如来
※実物はかなり大きいです。

本日は落語会

本日は午後2時より落語会が行われます。


早いもので、今回9回目となり
桂小米朝さん時代から
米團治師匠となられても
続けて光円寺に来て頂いております。

これは「三田の皆様方との出会いを大切にしたいから」
だと、仰ってくださります。
ありがたいお言葉です。

ところで、今年は舞台の右側かかっている“のれん”が新しくなりました。
「あしたもいいことあります」
と書かれた“のれん”は、光円寺寄席に来てくださった皆様に
いいことがありますように
と、思いをこめて買ったものです。


例年通りおいしいチーズケーキもご用意しておりますので、
どうぞお誘いあわせの上お越し下さい。

         
合掌

rakugo2010.jpg
               
              

明日は落語会です。

明日19日は光円寺の会館にて落語会が開かれるので、
今日は朝から舞台を造ったり椅子を並べたりしています。
(写真は準備中の舞台で撮影)。

今年で8回目の光円寺寄席は、桂 米團治さん、桂 歌之助さん、
桂 米市さんをお招きして開かれます。会を重ねるごとに段々と人気が出てきて、
席が足らなくなってしまい皆様にご迷惑をかけている状況です。

お寺で、お笑いというのも変わったように思えますが地域の方々には大変評判に
なっているようで私も地域の皆様と喜怒哀楽を共にしたいと思い、この会を続けていきたいです。 

                                                   
合掌


CIMG0960.jpg
プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。