スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お陰さま

 アイコン名を入力してください

皆様こんにちは。6月になると光円寺の前でも田植えが始まります。お米は、88の人の手をかけられ育てられるといいます 。約4ヶ月でお米となり私たち人間の命の元となる食べ物になります。作ってくれた人の御恩を忘れずに、お陰げさまの気持ちで、一粒一粒味わいながらいただくと、きっとお百姓さんも喜ばれます。有難うという気持ちを忘れずに御恩報謝の心で毎日を生活させていただきましょう

 

食前の言葉  
ケーキみ仏と 皆様のお陰によりこのご馳走を恵まれました深くご恩を喜び ありがたくいただきます

食後の言葉  
ケーキ 尊いおめぐみにより おいしくいただきました おかげでご馳走様でした

スポンサーサイト

宗祖降誕会

 アイコン名を入力してください
 
 5月21日は、親鸞聖人のお誕生日です。そこで、今回は聖人の生涯についてお話いたしましょう京都の西本願寺では、200年ぶりに行われた、御影堂大修復工事も10年間の月日をかけて完成し、親鸞聖人像が御影堂にお帰りになられました。

 聖人は、承安3年(1173年)に、京都の日野でお生まれになられました。9歳の春、慈円和尚の下で出家得度しました。夕方に和尚をたずねたので、「得度を明日にしてはいかがですか?」といいますと、聖人は「明日ありと、思う心のあだ桜、夜半(よわ)に嵐のふかぬものかは」と和歌をよみ、ただちに得度をしたという有名な話があります。この時代は不安定で、地震や飢饉が続き、たくさんの人が苦しみ毎日を不安な心で暮らしていました。「明日を予測できない身である」という気持ちがわずか9歳の聖人にもあったのでしょう。

 聖人は、比叡山で堂僧して二十年間、きびしい修行にはげみましたが、悟りへの道を見出すことが出来ず、ついに山を下り、京都の法然上人のもとで、真実を見いだしました。 法然上人の教えが広くひろまるにつれ、旧仏教教団の反発を受け、承元元年(1207年)法然上人をはじめ、主だった門弟が処罰され、聖人は越後に流罪となりました 。
 
 時に聖人35歳、この地で恵信尼(えしんに)さまと結婚しました。流罪のきびしい生活は、親鸞聖人の心をさらに豊かにしました。「愚禿(おろかな)親鸞」と自ら名のり、おろかな身となって、阿弥陀さまの大きなお慈悲の心を喜ばれたのです。お念仏をよろこぶ仲間がふえ、一緒に苦しみや喜びをわかちあいながら、お念仏を申す生活に入られたのでした。

 5年の月日がたって罪はゆるされました。親鸞聖人は教えを多くの人々に伝えようと、42才で関東へと旅立たれました。「阿弥陀さまは、どんな悪人も見捨てることなく、すくってくださいます。悩み苦しむ人の力となり、命の尊さに目覚めさせて下さいます・・・と関東の人々にお念仏の教えを伝えられた親鸞さまは、62歳で家族とともに故郷の京都へお帰りになられました。 京都では、『教行信証』を完成させるとともに、『和讃』などをつくり、著述や書状を通して、人々に教えの伝達を計りました。

 お念仏のまことに支えられ生きぬかれた親鸞さまも、90歳でついにお浄土へかえられました。親鸞さまとその教えは、たえなく人々に受け継がれ、今も世界の人々の“生きる灯”としてかがやき続けているのです 宗祖降誕会は、親鸞聖人のご誕生があったからこそ、私たちが本願を聞くことができるのですから、そのご恩を喜びながらお勤めいたしましょう。

プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。