スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源信和尚 千回忌法要

大変遅くなりましたが今年に入り初めての投稿です。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて今回は珍しく仏教の話題です。先日、2月14日に本願寺において源信和尚の千回忌法要が勤修されました。この法要で比叡山延暦寺の天台座主(ざす)が導師を勤められたのが話題になったのですが。

Yahooニュース記事 <こちらから>

源信和尚千回忌1

まず恵心僧都源信(942~1017)について浄土真宗では、ご法事などで読まれる「正信偈(しょうしんげ)」の中の一文「源信広開一代教」で説かれますように『往生要集』等で浄土教の発展の基礎をつくった七高僧として有名です。しかし天台の中心教義「一切衆生皆成仏」の理論をまとめられた『一乗要決』を執筆されるなど、実は完全に天台僧にあたられます。

法要の前に天台宗歓学の武先生と浄土真宗本願寺派歓学の淺田先生による『往生要集』についての講演がありました。本願寺開催なのもあって今回は『往生要集』でも、親鸞聖人目線でお話をして下さいましたので聴聞された方々もご興味を持てたのではないでしょうか。

源信和尚千回忌2

その後、阿弥陀堂に移動をしまして法要が行われました。左側に天台宗の僧侶(オレンジ色)、右側に浄土真宗の僧侶(薄紫色)が出勤されて、導師は天台座主の森川宏映(こうえい)座主がお勤めになられました。

源信和尚千回忌3

延暦寺の「六道講式」をベースに法要が進められ、阿弥陀経は本願寺派の読み方に合わせて延暦寺の僧が一緒に唱えられました。ちなみに、この日は気温も低く堂内はメチャメチャ寒かったです。

源信和尚千回忌4

時間にして1時間余り、天台と真宗の融合した法要は初めて見ましたが、天台声明や雅楽はめったに聴けないので感動するものがありました。

源信和尚千回忌5

個人的に大学院の修士論文で書かせてもらった源信和尚の法事をお参りする事が出来て本当によかったと思っております。また来月に継承法要で本山参りをする予定です。それではまた(^-^)/
スポンサーサイト

念願の角島大橋

三味線の大会が終わり僕の中では早くも2016年が終わろうとしています(笑) 色々とありましたが今年も何とか年を越せそうです。

夏の終わりの話ですが、前から行きたかった山口県の角島大橋を訪れました。下関から一般道で50分ぐらいでしょうか...目的地に近づくと自然と他県のナンバーの車が増えてきます。

IMG_14651.jpg

この日は平日でしたが、結構観光に来られていました。エメラルドグリーンの海の真ん中を一直線に伸びる橋はとても神秘的な光景です。車好きは一度走ってみたい場所ですね。

IMG_14751.jpg

橋を渡った後、時間がありましたので、車でしたが、最寄の駅が見たかったので「阿川駅」まで行ってみました。

IMG_1481.jpg

近頃、僕の中で「田舎の駅ブーム」が起こっていて写真を撮るようにしています。田園の中に静かにたたずむ「阿川駅」はどこか懐かしい感じがする場所でした。

IMG_1500.jpg

住んでいる三田も田舎ですが、旅行で行く場所も田舎...僕はきっと都会には住めませんね。

三味線の大会でした。

私事で申し訳ないのですが、三味線の大会に出場しました。
大会も色々ありまして、今回は大阪で開催されたもの。
全国各地から津軽三味線奏者の方が集まってきます。

当然、コンクールなので審査員がいます。大阪大会では
五錦竜二・二代目今重造・小山貢・工藤武・木乃下真市
の五名の先生方が審査をして下さいます。有名な家元・プロの奏者の方々です。

今回、控室に入らせて頂く機会があり、休憩されていた五錦先生と写真を撮ってもらいました。五錦先生は津軽三味線名人と称され、三味線界のレジェンドです。特に歌付けのバチさばきに関しては天下一品だと、僕の習っている長谷川先生がいつも言われています。

五錦先生と

顔が引きつっている僕は無視して(-∀-) こちらが五錦先生です。
又、大会の最後にはアトラクションとして小山先生、工藤先生、木乃下先生による三味線バトルがありました。

三味線バトル

舞台袖から見ていましたが、バチづけの力強さに圧倒されました。
さすがはプロだなぁと感じさせられましたねぇ...

ちなみに僕は今年は四位入賞という結果。舞台で弾く時は本当に緊張して手が震えます。緊張を和らげる副交感神経が機能しません(笑)

入賞の賞状

どうすれば震えなくなるのか、是非教えて欲しいものです。

報恩講 勤修させていただきました。

お蔭様で今年度も11月13日に 光円寺 本堂において報恩講をお勤めさせていただきました。ここ数年、天候に恵まれませんでしたが今年は快晴の下開催する事ができました。

毎年同じ事を言っておりますが、浄土真宗で最も重要な行事である"報恩講"を勤めていく事は、お寺や宗門を護持するという象徴であると思っております。

又、これは皆々様のご協力のお蔭で勤修できる行事であり、開催にあたりご門徒様にはいつも感謝しております。どうか来年度も11月は第2日曜日、宜しくお願い致します。

合掌

securedownload.jpg


永代供養について

昨月の光円寺寄席ではご来寺頂きましてありがとうございました。途中、冷房が利かなくなったり防犯ベルが鳴ったりで大変ご迷惑をおかけしました。次回以降気をつけさせて頂きます。

ところで、最近よく「永代供養」という言葉を耳にします。この「永代供養」とは「永い代(長い年月)に渡って供養する」という意味です。「お子さんがいない」などの理由により、先祖代々のお墓を受け継ぐ人がいなくなってしまった場合にも、お寺が供養をしてくれるということです。

光円寺でも納骨堂を中心にご案内をしている状況ですが、近年は合祀墓(ごうしぼ)と呼ばれる形で希望される方もあるようです。お骨が合祀墓に入った後は、他の方と共同のお墓に入ることになりますので遺骨を取り出すことは出来ませんが費用は一番安くなります。

当寺院の他にも関西圏には様々な供養の場所がありますので、お悩みの方は是非一度我々にご相談下さいませ。

合掌

IMG_1371A.jpg
プロフィール

光円寺

Author:光円寺
兵庫県三田市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。